月経カップ,サニタリーカップ,フルムーンガール,ムーンカップ,生理
月経カップ,サニタリーカップ,フルムーンガール,ムーンカップ,生理

【トークイベントレポート】「生理の話しをしよう! Vol.1 〜台湾の女性たちと話す生理のこと」



10月8日13時に行われたフルムーンガールの創始者のVanessaのトークイベントの様子を公開しています。


フェミニスト・セックストーイショップ「LOVE PIECE CLUB(ラブピースクラブ)」主催で行われたこちらのイベントは、フルムーンガールのVanessaと、ラブピースクラブ・有限会社アジュマ(フルムーンガール日本代理店)代表の北原みのり、そして美容ライターの長田杏奈さんをお招きして開催されました。



台湾は10年前までタンポンを使う人口が0.2%ほどしかいませんでした。それはタンポンのパッケージに「使用するには医者の診察をすすめます」などといった注意勧告が法律によって定められていたことなど、女性の性や身体に対する理解のなさが社会にあったことと関係しています。

そういう社会が急激に替わり、今や、フェミニズムの大きなムーヴメントを背景に性や生殖の権利、セクシュアルマイノリティの権利についてが大きく語られるようになりました。そういうなかで、台湾では生理に対する意識が急激に変わっていきました。

台湾で初めてタンポン・月経カップを開発し、今や台湾の生理の母、といわれているVanesasさんに、台湾の女性たちがなぜこれほど短い時間で変わったのか、生理に対する意識はどのようなものかを伺いました。(北原)


1時間以上の大ボリュームロングトークです。

お隣の国でも大きく異なる生理用品への意識。私たちの身体に本当に心地いいアイテムを選ぶ大切さなど、今から気持ちを変えて行きたくなるエネルギッシュな話が盛り沢山です。

ぜひご覧ください!